Search this site
<< 日常に戻ってます | TOP | 赤と黒に魅せられた一日 >>
柔らかな線のアクセサリー
11月になりました。

元々、アクセサリーを着けることが大好きです。
着けることが好きだから、こういうお仕事をしているといってもよいくらい。

特に、ピアスが一番。
自分で作ったもの、他の作家さんのもの。。。数えたことはないのですが
引き出しにいっぱいです。

セカンドピアスをあけてからは、アシンメトリーな着け方も
楽しめるようになったので、毎朝、ピアスの引き出しをゴソゴソするのが楽しみです。

大ぶりなピアスは、基本的に自分の作品が多いのですが
それに合わせるスタッズタイプのピタッと耳に留まる小ぶりなものは
私のような「穴の開いたビーズ」を専門にする者には
ちょっと作るのが難しいアイテムなので
他のブランドのものを着けることが多いです。

最近、とてもお気に入りなのが
三留司(mitome tsukasa)さんのピアス。



131101-1


「hop」という名前。

きっちりとカッティングされたのではない
柔らかな線が、不思議とどんなお洋服にも合うのです。

モチーフの部分は、真鍮で作られています。
14kなどとは違う、少し「武骨」なゴールドだからでしょうか
シルバーとの相性もよく、合わせる他のピアスを選ばないので
「何を着けようかなぁ」と、悩んだときには
大抵、このピアスから他のコーディネートを組み立てています。

三留司さんの作品に出合ったのは、「森のカフェフェス in ニセコ」。

他にも、自然をモチーフにした繊細でいてあたたかみのある
作品が沢山並んでいたので、このピアスに決めるまで
とても時間がかかってしまって、いいなぁと思った
候補のピアスを目の前に並べ、「うー」としばし固まってました(笑)

「hop」のピアスの他に購入したものが、もう2点。



131101-2



彼とお揃いのネックレス。
「star」という名前なのですが、私には雪の結晶のようにも見えて。

黒っぽいのがブロンズで、彼のもの。
白っぽいのがシルバーで、私のもの。

柔らかい印象のデザインですが、意外とユニセックスで楽しめるのです。




カフェフェスで三留さんの作品を実際に手にしてから、ずっと
「かなうといいなぁ。。。」と思っていたことが一つ形に。

クリスマスの時期から
お店で三留さんのアクセサリーのお取り扱いを始めます。

ピアスとネックレス、そして点数は少ないですがブローチも。

また、こちらで詳しくご案内いたしますので
お楽しみに。


========================================

〜お店の臨時休業のお知らせ〜

11月2日(土)は所用のため、お店は臨時休業いたします。
今週の営業は10月31日(木)と11月1日(金)の
2日間となりますので、ご了承ください。



line

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。
Snow blossoms
posted by Snow blossoms むろけいこ | 13:34 | 日々 | comments(0) | - |
コメント
コメントする